現代ではスマホの普及によってパソコンを使う頻度が少なくなったという人も多いのではないでしょうか?

インターネットやゲーム、また映画や音楽を楽しんだりなど、ほとんどのことがスマホやタブレットでできてしまいますね。

それでも複雑な作業をする場面では、まだまだ利用する機会が多いパソコン。

そしてある程度長い時間をパソコンの前で過ごすのであれば、しっかりとしたデスクを選びたい所です。

パソコンデスクについて調べてみると、背が高めでチェアに座って利用するハイタイプ。

また、背(高さ)が低めで床に直接、或いは座椅子などを利用して座るロータイプのデスクがある事が分かります。

今回この記事ではパソコンデスクを選ぶ際に迷う事の多い、ハイタイプとロータイプの特性とおすすめできるのはとっちなのかについて見ていきたいと思います。

 

ハイタイプのパソコンデスクの特徴

パソコンデスク

ハイタイプはチェアに座って作業する事になる特性上、体勢を保ちやすいため長時間パソコンデスクの前に座る人にはオススメできるタイプです。

天板の大きくある程度のでかさがあるものが多いので設置にはある程度の場所を必要とします。

ですが収納などを備えている物が多く、必要なスペース以上に利用出来る範囲は広くなります。

特にデスクトップ型や一体型のパソコンを利用する場合には、より大きなスペースが必要になるので非常に相性が良いデスクと言えますね。

またパソコン関連の機器はそれなりに大きい物も多いため、便利に使うアイテムを揃えようと思うなら尚更ハイタイプの天板の広さがメリットになります。

反面ハイタイプのパソコンデスクはチェアもセットで買わないと利用出来ない事もあり、どうしてもロータイプよりも予算が必要になるというのがデメリットと言えるのではないでしょうか。

 

ロータイプのパソコンデスクの特徴

 

ロータイプの大きな特徴としては、そのコンパクトさにあります。

常設せずに必要な時に取り出して利用するような使い方をする人には、まさに最適なパソコンデスクと言えます。

折りたためるタイプなどもあるため、できるだけ部屋を広く使いたい場合にも良いですし、部屋を大きく魅せたい場合なども背の高い家具を置かない事が重要になりますので、パソコンデスクもロータイプにするのがおすすめです。

ロータイプのパソコンデスクは天板も小さい物が多いので、特にノートパソコンや2in1パソコンを利用する人と相性の良いデスクになっています。

ただロータイプのパソコンデスクは姿勢を保つのが大変で、腰や肩が痛くなるという人が多くおられるのが特徴でありデメリットでもあります。

利用する際には座椅子など何か背もたれとして利用できる物も準備するなどある程度の対策が必要になります。


スポンサーリンク


それではどっちのタイプがいいの?

パソコンへの疑問

特徴の異なる2つのタイプのパソコンデスクではありますが、結論から言うと一部の例を除いてパソコンデスクはハイタイプの物を選ぶのがおすすめです。

広めの天板はその分利用出来る範囲が広くなるので、利便性としては抜群です。

ロータイプのパソコンデスクのメリットである折りたたみも、いざ利用し始めてみると片づけるのが面倒になることが多く、結果として常設する事になる人も多く見られます。

このような点もハイタイプをおすすめする理由の1つになります。

また、大きい天板のハイタイプの方がパソコン以外でも利用する術があるというのも事実ですね。

発売している品数でもハイタイプの方が多く、選択肢の広さもあるという意味でもハイタイプに軍配が上がります。

選択肢が多いと言う事はそれだけ部屋の広さや使い方、好みに合わせた物を選びやすいと言えます。

またデメリットにあげた予算ですが、選択肢の広さがある種の価格競争を生みだしているので、本当に厳選すれば少ない予算で導入する事も充分に可能です。

 

和室の場合

一部、例外的にロータイプをおすすめする例としてはパソコンを利用する部屋が和室の場合です。

和室はチェアを持ちこむ事を想定していないので、一定の場所に負担のかかりやすいチェアで座ってしまうと畳を痛める原因になります。

厳密に言えば部屋を変える事から検討しても良いくらいですが、どうしても和室で利用するという場合にはロータイプのパソコンデスクをおすすめします。

ロータイプのパソコンデスクを使うのであれば、その弱点である姿勢の保ちにくさを改善する為に座椅子を導入するなどして対策しましょう。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

和室の場合や使用頻度があまりないような場合はロータイプでも良いかもしれませんが、やはり利便性や姿勢などのことを考えるとハイタイプを選ぶことをおすすめします。

パソコンを使用する際には周辺機器や資料など、パソコン以外にもデスクの上に置くものもあると思います。

広くゆったりと使えるハイタイプのデスクは、きっと仕事・作業の効率も上げてくれることでしょう。

以上が「パソコンのデスクはローとハイのとっちのタイプがおすすめ?」に関する記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。